チケット制オンライン英会話と毎日プラン型オンライン英会話を比較

毎日プラン型オンライン英会話とは

国内のオンライン英会話サービスで主流となっているのがこの毎日プラン型のオンライン英会話です。このタイプのオンライン英会話サービスでは、例えば毎日1回、毎日2回という単位でレッスンを提供しています。例えば11月だと30日あるので、毎日1回プランなら最大30回のレッスンを受講出来、毎日2回プランなら最大60回のレッスンを受講出来ます。但し、1日受けられなかった場合に、次の日にその分をまとめて受けるというような使い方が出来ないので注意が必要です。

チケット制オンライン英会話とは

チケット制オンライン英会話とは、その名の通り、チケットを購入するタイプのオンライン英会話スクールです。世界的には、後述の毎日プラン型のサービスよりも主流となっています。また、駅前留学のスクールのほとんどが回数制を取っているので馴染みがあるという方も多いのではないでしょうか。リンガルボックスはこのチケット制を採用しています。チケット制のスクールの特徴としては、1日の利用制限がないため土日にまとめて受けたり、例えば残業の多い会社員の方が残業の無い日にまとめてレッスンを受けるなど柔軟な受講方法が取れる点があります。

毎日プラン型のメリットとデメリット

毎日プラン型のオンライン英会話スクールを利用する最大のメリットは毎日受講をするとチケット制のタイプよりも料金が安くなることです。例えば毎日1回のプランだと大体6,000円程度のスクールが多く、この場合月に30回受講すれば1回のレッスンの料金は200円、50分間あたりだと400円程度となります。ネイティブによるレッスンの場合は、オンラインなら50分あたり2000円程度、駅前留学だと7000円程度するのが通常ですので非常に安い料金で受講が出来ます。ただ、各社の実際のデータを見ると一人あたりの平均受講回数は8回〜10回と予測されており、多くの人は大体1回あたり1200円程度の料金を払っている人が多いということになります。

もう一つの課題としては、毎日プランの場合は生徒がレッスンを受ければ受けるほど利益が減るという収益構造のため、レッスンを多く受けることを抑制する方向にモチベーションが働きやすい傾向があります。その為に、多くのスクールではレッスン保持数といって一回に予約出来るレッスンは1日1回プランなら最大1回まで、1日2回プランなら最大2回までというような制限が掛けられているスクールが多いです。この場合、人気の先生の3日先のレッスンを予約したりすると今日、明日、明後日の3日間のレッスンが受けられないという状況が発生してしまいます。

毎日プラン型のもう一つの利点は、毎日受けないと損をしてしまうため、レッスンを受けないとという気持ちに毎日持っていきやすいという点が挙げられます。

チケット制のメリットとデメリット

チケット型のオンライン英会話スクールの場合、例えば毎日プラン型で毎日レッスンを受けた場合と比較すると料金は高くなります。例えばリンガルボックスの場合は月20回のプランを4900円で提供しているので、20回全部利用した場合で50分当たりの料金が490円となり、毎日1回プランで月30回レッスンを受けた場合の400円と比較すると少し高くなります。逆に毎日1回プランで月20回の受講の場合、50分あたりの料金は600円程度となり、チケット制よりも高くなります。

またチケット型オンライン英会話のメリットとしては、チケット当たりきちんとお金を払う前提のため、毎日プラン型に比べてレッスンを多く受講することを抑制するモチベーションが働きづらい点があります。例えばリンガルボックスの場合は、予約回数の制限がないため自分の時間が空いている時にまとめて受講するなど柔軟に利用することが出来ます。このため、仕事で残業が多いという会社員の方や、週末にまとめて受講したいという方、アルバイトなどがあり受講できる日が限られるというような大学生などにとってはチケット制の方が向いていると考えられます。

毎日プラン型が向いている人

毎日プラン型は上述の通り月25回-30回程度安定的にレッスンを受ければ時間あたりの料金を回数制より安く抑えられます。そのため週6回以上コンスタントに受けられる環境にあるという方に向いていると言えます。また毎日受けないと損をした気分になるということが、モチベーションにつながるというような方には向いている仕組みといえます。

チケット制が向いている人

チケット制の場合は、空いている時間にまとめてレッスンを受講出来るというメリットがあります。そのため、例えば残業や飲み会が週何日か入ってくるという社会人の方や、週3日はアルバイトで受講が難しいという学生の方、土日だけで集中したいという方に向いているといえます。また25分と短いレッスンではなく50分単位でレッスンを受けたいという場合や月30回のレッスンは多すぎると感じる場合にもおすすめです。

まとめ

毎日プラン型とチケット制どちらもメリットとデメリットがあります。自分の生活のスタイルや受講ペースと併せて、上手くスクールを選びましょう。