オンライン英会話と言語交換(ランゲージエクスチェンジ)との比較

言語交換(ランゲージ・エクスチェンジ)とは

言語交換とは、自分の学習している言語を流暢に話せ、尚且つ自分が流暢に話せる言語を学習中の人とつながって相互に言語を教え合うことをいいます。また、同じ言語を学習している人同士でつながる場合も言語交換と呼んだりします。この言語交換相手を探すためのサービスは探してみると多数存在しており、筆者も以前積極的に利用していた時期があります。

言語交換サービスを利用するメリット

言語交換サービスを利用するメリットには以下が挙げられます。

  • 無料で英会話が出来る
  • 海外に友達が出来る

無料で英会話が出来る

言語交換サービスは広告費であったり、もっとちゃんと英語を学びたいという人に英会話講師によるレッスンを提供したりして利益を出しているため、パートナー探し自体は無料で利用が出来ます。

海外に友達が出来る

言語交換でつながって海外に友達を作ることが出来ます。日本語に興味があるということは日本に興味があるということなので仲良くなりやすいはずです。また、海外旅行に行った時に一緒に遊んだりするのも、とても楽しい体験になるはずです。実際に海外に行った時に会って恋愛関係に発展するということもあるかもしれません。

言語交換サービス活用の注意点

上記のようなメリットが言語交換にはありますが、逆に注意すべき点もいくつかあります。

  • ある程度の英語力が必要
  • 言語交換相手は講師ではない
  • 時間の調整が必要

ある程度の英語力が必要

言語交換の場合だと、英語の先生ほど初級者の方への対応に慣れていません。そのため、まだ英語力が低い時だと相手をイライラさせてしまう可能性があります。まだ基本的な英語力が低いという場合は、アプリや参考書を使って基礎を学ぶところから始めるのがオススメです。

言語交換相手は講師ではない

例えば日本人であっても、日本語の文法などをきちんと体系的に知っているかというとそうではないかと思います。だから、間違っている時に正しい言い方を教えることは出来ても、なぜそうなるかを理解出来るように教えるのは難しいでしょう。どうように英語を話している人も、文法のことをちゃんと説明出来るわけではないので、学ぶというよりは英会話に慣れるというのを主目的に置くのがいいかと思います。

時間の調整が必要

東南アジアや中国など近くに住む方とつながればあまり問題にならないかもしれないですが、アメリカやイギリスなど時差が大きい場所に住む人とパートナーになると時間調整が大変かもしれません。よくあるのが、時差の問題で会話が行き違いになってしまい結局関係が自然消滅してしまうというパターンです。また、時差の問題だけでなく、相手や自分が忙しくて時間が取れなかったりすると同様に自然消滅してしまいます。また時間をあわせるのもストレスがあります。

そのため、例えばスケジュール調整アプリを利用して毎週決まった時間に言語交換を行うようにしたり、Calendlyのようないスケジュール調整アプリを利用して簡単に予約してもらうようにするのがオススメです。また、言語交換相手は1人ではなく複数人の人とつながれば、ある1人が忙しくても他の人と話せます。

主要な言語交換サービス

リンガルボックスのブログで以前に詳しい紹介記事を書いているので是非こちらをご覧下さい。

無料でネイティブと言語交換(ランゲージエクスチェンジ)が出来るサービス17選

オンライン英会話を活用する

言語交換だけではなく、体系的に英語を教えて欲しいという方や日本語を教える時間を取らず英語だけ教わりたいという方も多いかと思います。また時間調整に手間がかかるのは嫌だという方もいるでしょう。こうした場合は、有料となりますがオンライン英会話を利用するのがオススメです。オンライン英会話の場合、大きく分けてネイティブ講師主体のものとフィリピン人講師が主体のものがあります。

ネイティブ主体のオンライン英会話サービス

ネイティブ主体のオンライン英会話を選ぶメリット

ネイティブ主体のオンライン英会話は通学型スクールに比べて格段に料金が安いのが特徴です。通学型スクールであれば、駅前の一等地にあることが多いため場所代がかかり、また講師を海外から呼ぶ必要があるため求人にもコストがかかります。それに対してオンラインであれば場所代がかからず、採用も日本国内で採用するのに比べれば有利です。こうしたことから、オンライン英会話であればマンツーマンレッスンが50分あたりで2500円-3000円程度と通学型スクールの1/3の料金で受講が出来ます。

ネイティブ主体のオンライン英会話活用の注意点

オンライン英会話を利用する場合の注意点は講師の質です。通学型のスクールの場合、大手であれば独自のカリキュラムを持っていてそれに沿って教えます。またトレーニングを行っているので、多くの講師が一定水準以上のレッスンを行えます。それに対してオンラインの場合であれば、カリキュラムがない場合が多く、講師が自分でカリキュラムを考える必要があるため、講師による質の違いが大きくなりがちです。ただし、マンツーマンですので良い先生が見つかれば、カリキュラムに沿ったグループレッスンよりも高い効果が得られるはずです。

フィリピン人講師主体のオンライン英会話サービス

リンガルボックスはこのフィリピン人講師主体のオンライン英会話にあたります。フィリピン人講師主体のオンライン英会話サービスは最近では大手の英会話教室でも始めるところがあったりと、現在注目を浴びています。

なぜフィリピン人講師なのか

あまり知られていないのですが、フィリピンでは英語が公用語となっており、基本的に全ての教育が英語で行われています。そのため国民のほぼ全員が英語を話すことが出来ます。また、人件費がアメリカ本国より安いから、多くのコールセンターがフィリピン人に置かれ、現在では100万人以上が毎日アメリカ人に対して英語でカスタマーサポートを行っています。こうした背景もあり、大学卒業社の多くはビジネスにも問題ない英語を身に着けています。現在では毎年韓国、台湾、ロシア、日本などから10万人を超える人がフィリピンに英語留学をしており、講師経験の豊富な人も増えています。

フィリピン人講師から学ぶメリット

フィリピン人講師から学ぶ最大のメリットが料金です。例えばリンガルボックスであれば月20回の25分間のレッスンを4,900円で提供しており、50分あたりだと490円でマンツーマンレッスンを受けることが出来ます。これはネイティブによるオンライン英会話に比べても5分の1から6分の1程度です。通学型と比べると15分の1程度となります。

フィリピン人講師の質について

講師の質は、ネイティブ講師によるオンライン英会話と同様現状人によって差があります。例えば、英語、コミュニケーション、教育を大学で専攻していた講師などから選ぶようにすればより体系的に教えることの出来る先生が見つかる可能性が高まります。また多くのオンライン英会話スクールでは、スクール独自のコースを用意しておりこうしたコースを利用することで一定水準以上のレッスンを受けることが出来ます。

どのサービスを選ぶのか迷っている方へ

言語交換サービスがオススメな方

  • 外国人の友達を作りたい
  • ある程度英語力がある
  • 英会話に慣れたい
  • 英語学習の予算を抑えたい
  • 時間の融通が聞きやすい
  • スケジュール調整が苦でない

言語交換が一番向いているのは英会話に慣れるという目的で利用する場合です。英会話が話せない理由の大きなものが練習不足です。一流の大学を出てても英語が話せない人が多いのは実践の場があまりなかったというのが大きいはずです。言語交換であればお金を掛けなくてもその実践の場を作ることが出来ます。ただ、上述の通りスケジュール調整が大変だったりするので、ある程度時間の融通が効くフリーランスや学生などがよりマッチするはずです。

ネイティブ主体のオンライン英会話がオススメな方

  • 話すだけではなくて教えて欲しい
  • 時間調整に手間を掛けたくない
  • ある程度英語学習にかける予算がある
  • グループではなくマンツーマンレッスンを利用したい
  • その国特有の表現などフィリピン人講師から学べないことを学びたい

既に上級レベルにある方であれば、ネイティブ講師からその国特有の表現を学ぶのも良いかと思います。逆にまだそのレベルに達していなければ、基本に集中するのが良いでしょう。ネイティブ講師とフィリピン人講師とでネイティブ講師を選ぶ場合、ネイティブの方が良さそうという印象でサービスを決めている場合も多いように思えるため、料金面や現在の自分の英語レベルなどを考慮して総合的に判断するのが良いかと思います。また、IELTSやTOEFLの学習をしたい場合も上級者への指導に慣れているネイティブ講師の方が良い講師が見つかりやすいかもしれません。

フィリピン人講師主体のオンライン英会話がオススメな方

  • 話すだけではなくて教えて欲しい
  • 時間調整に手間を掛けたくない
  • 予算を抑えてマンツーマンレッスンを受けたい
  • 英会話に慣れたい
  • オンライン英会話を学習のペース作りに使いたい

フィリピン人によるオンライン英会話サービスは料金が安いので5000円程度でほぼ毎日レッスンを受講出来ます。例えば基礎的な英語力を身に着けたいが独学だと中々続かないという場合は、オンライン英会話を定期的に入れてモチベーションを継続させるという使い方や、先生に学習プランを立ててもらうというような使い方もオススメです。また言語交換とは違い、スケジュール調整などに手間が取られないので忙しい社会人の方にもオススメです。

まずは言語交換を試してみるのもオススメ

言語交換は無料で出来るし、アプリも多く出ているのでまずは英会話を試してみようという使い方で良いかと思います。最初は音声チャットではなく文字チャットを使うだけでも英語を使うことに慣れられるはずです。使っていくと、言語交換が合っているという場合もあれば、時間調整の面や英語を教えられないことなどで不満が出てくる方もいると思うので、そうした場合はオンライン英会話に移行するというのも良いかと思います。